パニック障害は誤った診断によって慢性化する


パニック障害は誤った診断によって慢性化する

パニック障害の対策にリラクミンクリア!


心のケア


心の病気も早期発見、早期治療が大切


パニック障害は多彩な身体症状が出るため、からだの病気を疑って、内科にかかる人がほとんどです。パニック障害と診断されるためには、身体的な病気がないことが条件になりますので、まず内科を受診するのは正解です。


問題は、そこで誤った診断がくだされてしまうことです。今でも、自律神経失調症や過換気症候群、心臓神経症などと診断され、そのために適切な治療が受けられずに、慢性化してしまうケースがよくあります。


また、本人が勝手に心臓病やバセドウ病だと思い込み、そう診断してくれる医者を求めてドクターショッピングに走ることもあります。


強い身体症状に惑わされ、本人も心の病気だと気づかないことが多いのです。そのため、正しい診断がくだるまでに時間がかかり、ようやくわかったときにはすっかり進行していた、ということになりかねません。


からだの異常がないときは、心の病気を疑って、早めに精神科を受診しましょう。どんな病気も早期発見、早期治療が大切です。




医者や薬に頼りたくない人は、早めのリラクミンクリアで。

快方に向かう可能性は高いです。




主婦と生活社
「私のパニック障害」患者から学ぶ安心生活の方法
ほほえみの会代表 野沢真弓著
山梨大学医学部精神科神経科講師 山田和男監修
P51 より引用
 
 
リラクミンクリアでセロトニン不足解消!ウツやパニック症回避! トップページ


FX業者